2留ちゃんのポリクリ日記

地方医学生の日常。

指導医の話と、人生設計の話。

 どうも😊2留ちゃんです。

 

 

 

 やっっっっっと!!!!!4週間にわたる神経内科での実習が終了しました!!!!!!

 おめでとう!おめでとう!

 

f:id:apricoooot:20170618210754j:plain

 全てのチルドレンにありがとう。

 

 

 

 今回は本当に指導医の先生に恵まれた実習だった。指導がめちゃくちゃ熱心。科によっては先生方が忙しくて学生は基本その辺に放置しといて朝夕の回診だけ参加……なんてことがザラにあったりするんだけど、それが一切なかった。たくさん診察や問診をさせてもらえたし、患者さんへの病状説明に参加させていただいたり(医療従事者でない人に病気のことをわかりやすく説明するのって実は難しいんだよね。勉強になりました)、国試に役立つ知識から論文レベルのお話まで様々なことを教えていただいたり、本当に本当に充実していた。

 学生の指導だけではなく外来や病棟での業務もしっかりこなして、患者さんにも慕われている。夜は遅くまで研究に従事。ハードワークだ。でも嫌々ながらやっている感じや疲れ切っている様子は一切ない。本当に医者の仕事が、神経内科という科が、研究をすることが、好きで好きでしかたないんだろうなぁ、きっと。ポンコツ学生のわたしにも痛いほど伝わってくる。仕事の話や研究の話をするときの先生の瞳は、いつもキラキラと輝いていた。

 かっこいい。

 シンプルにそう思う。好きな仕事を一生懸命やって、心から楽しんでいる。なんてかっこいい生き様なんだろう。わたしもああいう医者でありたい。

 

 

 

 この4週間があまりにも楽しすぎて、神経内科医になるのもいいなぁなんて思い始めている。ついでに研究もやってみたいなあなんて気持ちまで芽生え始めた。猫の手も借りたくなるような生活をすることになるのは目に見えているが、忙しいのは正直苦じゃない。バリバリ研究やってる医者、かっこいいじゃん。

 1ヶ月前のわたしが聞いたら爆笑しそうだ。どっちも興味なかったくせにね。単純なやつめ。

 

 

 でも同時に、わたしには真似できないかもなあ、とも思う。

 わたしは女だ。世の多くの20代女性たちと同じく結婚願望はあるし、できれば子供だって欲しい。でも、結婚して子供を産んだら、産休育休、復帰しても育児に追われる生活でバリバリ働くどころじゃなくなるんじゃないか。そう思うと二の足を踏んでしまいそうになる。

 どっちかを選ばざるを得ないとしたら、わたしはどっちを選ぶのだろう。

 悩む。

 世のバリキャリ女性たちはみんなここで悩むんだろうなあ。バリバリ働きたい気持ちと、女性としての幸せをとりたい気持ち。どっちが正解なんてことはない。幸せに過ごせる選択肢が正解。そんなことはわかっている。わかっているんだけど。果たしてわたしにとっての幸せは、どちらの道にあるのだろう。なんとか両方を取る方法はないものか。なんて。悩みだしたらきりがない堂々巡りだ。

 こんなとき、男に生まれて来たかったなあと思う。

 少なくとも日本では、男性がこの手の悩みを持つことは少なそうだ。だって子ども産まなくていいもんね子ども欲しかったらちょっと中出しするだけでいいもんね産休なんて取らないでずっと仕事に集中することが可能だもんねたとえ子どもがいたって!!!クソッ!!不公平だクソッ!!好きで女に生まれたわけじゃないんじゃあ!!!!

 なーんて。偏見だけど。男の人を恨んでもしょうがないんだけど。(男性のみなさんごめんなさい。)

 それでもそう叫びたくなる夜が多々あること、許して欲しい。

 

 あーあ。バリキャリ願望なんてなかったら、もっと生きやすかったのかもなあ。

 

 これからもうしばらくは悩みそうです。

 

 10年後、わたしはどんな答えを出しているんだろう。

 

 

 

働きマン コミック 1-4巻セット (モーニングKC)